トップページ > 企業情報 > サステナビリティ レポート > 社会貢献活動

企業情報

文字サイズ

  • large
  • middle
  • small

サステナビリティ レポート

井筒屋のCSRの取り組み 社会

社会貢献活動

地域社会の一員として、小倉都心部や井筒屋周辺のクリーンキャンペーンを定期的に行っています。また、災害時には救援募金活動を実施しております。

小倉都心部クリーンキャンペーン

小倉駅周辺にて、帰省される方々や訪れる人たちを気持ちよくお迎えするためにおもてなしの心で都心部の一斉清掃活動に参加しました。

2020年8月

コロナ禍ではありますが、年末年始、小倉に帰省される方や訪れる人たちを気持ちよくお迎えするために、おもてなしの心で都心部の一斉清掃活動を行いました。

2020年12月

紫川流域一斉清掃活動

北九州市に訪れる方たちを、気持ちよくお迎えするために、おもてなしの心で紫川周辺の清掃活動に参加しました。

2020年10月

被災地支援等の募金活動

令和2年7月豪雨被災地支援

2020年7月に熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で発生した集中豪雨の被災地支援のため、(株)井筒屋、(株)山口井筒屋の店頭、及び井筒屋井和会において、救援募金活動を実施いたしました。お客様等からお寄せいただいた募金額30万円は、「令和2年7月豪雨義援金」として日本赤十字社へ寄付いたしました。

2020年8月

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る寄付

2020年5月より7月まで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社本店玄関口にてマスク着用確認を行った際、マスク未着用のお客様がその場で購入されたマスクの代金13万円を北九州市を介して北九州市立総合療育センターへ寄付いたしました。

2020年8月

ヘアドネーション活動寄付

井上真里 さん(本店婦人服部 CS推進担当)
「前々から小児がんなどの病気によって髪の毛を失った子供たちを対象に、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供するため、約3年間、髪を伸ばしていましたが、この活動に取り組まれている北九州小笠原ライオンズクラブを介して寄付することができました。
久しぶりに髪にはさみを入れる時はドキドキしましたが、この髪の毛を少しでも必要としている子供たちの支援ができて、うれしく思います。」(本人談)

2020年10月

小さな親切運動

当社は「小さな親切」運動 北九州市本部の事務局を担い、全社員が会員として運動を推進しています。
「小さな親切」運動は、茅誠二先生の言葉『「小さな親切」を、勇気を持ってやって頂きたい。それがやがては、日本の社会の隅々まで埋めつくすであろう、親切という雪崩の芽としていただきたい。』を原点に昭和38年6月に全国本部が発足し、現在まで多くの皆様の賛同を得、全国各地で「小さな親切」の啓発推進、実践活動の普及に努めてきました。
北九州市においては、主旨に共感した数多くの女性の皆様が中心となって大変熱心に推進普及活動に取組まれ、その結果、昭和48年5月に地方組織として北九州支部が設立されました。その後昭和50年に北九州市本部へ名称変更し、同年に八幡東区支部が発会、 昭和55年には若松支部が発会し、個人、企業、団体など多くの皆様に支えられて、「小さな親切」作文コンクールの開催や日本列島クリーン大作戦の実施などを通じて、「小さな親切」の大切な心が、脈々と受け継がれています。

作文コンクール

2019年11月

独居老人年賀はがき送付事業

2019年12月
ページの先頭へ