トップページ > 企業情報 > サステナビリティ レポート

企業情報

文字サイズ

  • large
  • middle
  • small

サステナビリティ レポート

最新情報

トップメッセージ

「地域小売業のリーディングカンパニーとして、発展して行く。」

社長の写真

私たち井筒屋グループは、「秩序の上に立つ創造的繁栄」を図ることを経営理念と定め、CSR活動を経営の重要課題として位置づけ、地域小売業のリーディングカンパニーとして発展していくことを目指しています。

CSR活動ではESGの視点から、E:環境保全に関する活動、S:地域社会での貢献活動、G:ガバナンスの強化をそれぞれ積極的に推進し、将来にわたって持続的に取り組んでまいります。

この“サステナビリティレポート”では、井筒屋グループが持続可能な社会を目指して取り組んでいる様々な活動内容についてご紹介しています。

これからもステークホルダーの皆様(お客様、お取引先様、従業員、株主様)とともに歩みながら、企業価値の向上に邁進してまいります。皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

代表取締役 影山 英雄

サステナビリティ経営

経営

I Think.

井筒屋のCSRの取り組み

環境

  • 環境活動
    エネルギー使用量削減への取り組み
    プラスチック削減の取り組み
    エコ包装への取り組み
  • 環境データ

社会

井筒屋グループESGについて

1.サステナビリティ重点課題(ESG×SDGs)

サステナビリティ重点課題

2.重点課題とアクションプラン

■2021年度 実績

2021年度 実績

■2022年度 計画

2022年度 計画

3.推進体制

当社グループでは2020年より、ESG(環境/社会/ガバナンス)やSDGs(持続可能な開発目標)の視点を踏まえたサステナブル経営を促進するため、代表取締役が委員長を務める「サステナビリティ委員会」を設置いたしております。
同委員会では、年に2回定期的に委員会を開催し、サステナビリティに関する全社方針や目標の設定、それらを実践するための「井筒屋サステナブルアクション」の構築・整備、各種取り組みのモニタリングを行っており、その内容は執行役員会ならびに取締役会において報告または承認を得るものとしております。
また、各関連会社・各事業部へは幹部会議を通じ報告を行い、全社的に推進していく体制をとっております。

SDGS-07

〈委員長〉 代表取締役
〈副委員長〉管理本部長

〈委員会メンバー〉
経営企画・総務担当役員
内部統制室、経営企画部、
総務部、人事部、物流用度部、施設管理部、本店統括部、
井筒屋サービスの各所属長

〈事務局〉
総務部(CSR・ESG担当)

■社内啓発活動

従業員への啓発といたしましては、各所属長からの内容伝達とともに、社内報「SAXA」や社内イントラを活用し取り組みを示すとともに、毎月15日を「サステナブルデー」とし、サステナブルアクションの実行に関する評価アンケートや店舗周辺の清掃活動などを行い、サステナビリティ活動を一人ひとりが考え、行動できるよう推進活動を行っております。

ページの先頭へ