トップページ > 企業情報 > IRポリシー

企業情報

文字サイズ

  • large
  • middle
  • small

IRポリシー

1.基本方針

当社は、株主や投資家の皆様に対し、経営戦略や財務状況に関する情報を適時・正確・公平に開示するとともに、株主や投資家の皆様との建設的な対話を行い、企業価値の向上に役立ててまいります。

2.情報開示基準

当社は、東京証券取引所が定める「適時開示規則」および会社法・金融証券取引法等の諸法令に従い、適時・適切に情報開示を行います。また、それ以外の情報に関しましても、株主や投資家の皆様にとって有用であると判断した情報については、積極的かつ公平に開示していく方針です。

3.情報開示の方法

「適時開示規則」に基づく情報開示は、東京証券取引所が提供している適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示いたします。TDnetで公開された情報は、開示後速やかに当社ホームページに掲載いたします。

4.沈黙期間

当社は、決算情報の公平性を確保し、漏洩を防止するため、四半期ごとの決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」とし、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただいております。

5.将来予測

当社が開示する情報のうち、業績見通し等の将来に関する情報は、開示時点で入手可能な情報を元に、当社の判断に基づく見通しを前提に作成しており、経済情勢や市況環境の変化等様々な要因により、実際の業績が見通しと異なる結果となり得ることがあります。

6.IRポリシーの社内徹底

当社は、このIRポリシーを当社グループ全体に浸透・徹底させてまいります。また、株主や投資家の皆様からのお問い合わせにつきましては、経営企画グループ・総務グループのIR担当部署が対応させていただきます。

ページの先頭へ